2019.12.28

本日は、晴れ、北北西の風。

 

新浜、黒岩潜水。

 

新浜。

水温16度。透明度15m。

うねり、流れとなく穏やかな海。

エントリーしてすぐの砂地が自然光が入ってとってもきれいですよ。

その周辺ではベラ系が見れており。

アオヤガラが群れていたりと確認。

 

奥に行くとベニカエルアンコウ、ジボガウミウシが近くでみれ。

ナガサキニシキニナの卵、イレズミハゼなど。

ムカデミノウミウシは多くみれてます。

 

棚では、チョウチョウウオ、ゴンズイ幼魚の群れなども見れており。

コケギンポ類なども近くで見れており。

イソギンチャクエビもまだまだみれてます。

 

黒岩。

水温17度。透明度15~20m。

うねり、流れとやや。

エントリーしてすぐに視界は良好です。

とってもきれいな潮が入ってます。

水面近くの潮あたりでは、イサキ、スズメダイ、タカベと群れが見れ。

棚では、クロダイが入ってる棚も。

ネコザメは不在でクロアナゴ、ハコフグ、シマウミスズメ、イタチウオ、

ホシエイなどと見れました。

 

今日の写真です。

 

 

ゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

 

明日の予報は、晴いれ、北風。

 

2019.12.27

本日は、晴れ、西北西風。

 

新浜潜水。

 

新浜。

水温19度。透明度15~20m。

うねりは2本目になると段々と入ってきました。

水面は流れはなく水底おりて深度とるとうねりも落ち着きます。

 

イソギンチャク畑では、ミツボシクロスズメダイ幼魚たちやクマノミがまだまだ元気よく泳いでいる姿が見れ。

その周辺ではチャガラが群れ。

もうそろそろチャガラは、産卵シーズンですね。

 

水底よりではソラスズメダイ、スズメダイと。

ハナミノカサゴ幼魚もまだまだみれてます。

 

奥にいくとベニカエルアンコウ。

その近くではイレズミハゼのペアが隠れている穴があり。

ナガサキニシキニナの卵も少しずつ産まれていてからっぽの卵が目立ってきました。

 

その周辺では、ゴマフビロードウミウシ、ジボガウミウシ、ムカデミノウミウシなど。

 

転石では、シコクスズメダイ幼魚、モンツキハギ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚

オトヒメエビなどと隠れている場所も。

 

今年も残りわずかとなりました。

まだまだ潜り納め間に合いますよ~。

 

今日の写真は、

 

根沿いでは、

フサカサゴ。

擬態している姿を。

 

棚には、小さな幼魚たちが。

ゴンズイ。

幼魚サイズはとっても仲良い。

 

 

明日の予報は、晴れ、北西風。

2019.12.26

本日は、くもり、北風。

 

新浜潜水。

 

新浜。

水温19度。透明度15~20m。

うねり、流れとなく浅場でも穏やかでした。

水面近くではスズメダイ、ニザダイ、メジナなどが群れが。

水底よりでは、インドヒメジの幼魚が群れていたり。

ホンベラ、カミナリベラなども固まっている個体が目立ちました。

移動していくとキリンミノカサゴ幼魚が隠れていたり。

ヒラメ、ハオコゼ、サツマカサゴなどの擬態種も目立ちます。

イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビは定位置でみれ。棚では、クロアナゴの小さいサイズが隠れている場所もあり。

ソラスズメダイ、ヒメフエダイが群れているのも目立ちます。

今日の写真は、

コウイカ。

明日の予報は、晴れ、西北西風。

2019.12.24

本日は、晴れ、北北東の風。

 

マグロ根潜水。

 

マグロ根。

水温19度。透明度12~15m。

うねりあり。流れあり。

1本目よりも2本目の方が流れは弱まってきました。

昨日は荒れた海だったので濁り気味になるかと思いましたが。

それほどでもありません。きれいな潮が継続しております。

 

この時期は、視界が安定しており。

マグロ根の地形がとてもくっきり確認できました。

 

 

棚には、

ネコザメ。

 

ユウゼン。

 

本日の写真は、ゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

 

明日の予報は、くもり、北北東の風。

2019.12.22

本日は、くもり、北風。

 

マグロ根潜水。

 

マグロ根。

水温19.4度。透明度15~20m。

流れなし。昨日とは違い流れなく静かなまぐろ根。

潮あたりの場所では、群れ群れです。

イサキ。

 

棚では、クエ、コブダイ、ネコザメとみれ。

 

中層では、イナダの群れとの遭遇も。

 

水底よりでは、カスザメが泳いでいるのを確認。

マクロも面白いですけど。

この透明度ゆっくり泳いで起伏ある地形や魚影狙いでワイドも面白いですよ~。

 

今日の写真は、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イサキ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クロコショウダイ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サラサゴンべ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ニシキウミウシ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハリセンボン。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒラメ。

 

ゲストさんから写真をいただきました。

いつもありがとうございます。

 

明日の予報は、晴れ、北北西風。

2019.12.21

本日は、晴れ、北北西の風。

 

マグロ根潜水。

 

マグロ根。

水温19度。透明度15~20m。

うねり、流れ入ってました。

エントリーするときれいな潮が入ってます。

潮あたりでは、イサキ、スズメダイ、タカベと群れ群れです。

水底よりでは、

ドチザメ。

 

その近くでは、

大きなクエが。

 

群れ群れですよ~。

 

今日の写真は、ゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

 

明日の予報は、くもり、北風。

2019.12.20

本日は、晴れ、北西の風。

 

黒岩潜水。

 

黒岩。

水温19度。透明度15~20m。

うねりやや。流れはなし。

エントリーしてすぐに視界がひらけてますよ。

とってもきれいな潮です。

潮あたりの場所では、キンギョハナダイが群れてます。

その近くでは、スズメダイ、ソラスズメダイ、イサキ、タカベと群れが目立ちます。水面近くでは、メジナやニザダイが群れてます。

棚では、ネコザメがドーンとかまえて休憩している姿が。

他では、ネンブツダイ群れがみれ。

その水底ではヒラメが擬態している姿も。

ウミウシ類は、ミノ系が目立ち。コケギンポ類はオーバーハング近くの根が多く見れてます。

 

今日の写真は、

ネンブツダイ。

 

明日の予報は、くもり、北風。

2019.12.19

本日は、雨、北北西風。

 

新浜潜水。

 

新浜。

水温18.6度。透明度12~15m。

うねりなし。視界も回復してきました。

透き通ってる海となってます。

 

エントリーしてすぐに水底まで見渡せます。

そこから移動していくと。

ニジギンポ。

泳いでました。

 

その近くの水底では、昨日と若干移動していた。

キリンミノカサゴ幼魚。

 

ホシハゼ。

水玉模様の体表。

 

砂地を移動中の

セトミノウミウシ。

 

イソギンチャク畑では、

ミツボシクロスズメダイ幼魚。

密集してなくまばらに泳いでましたよ~。

 

根沿いでは、

昨日も確認できた。

ベニカエルアンコウ。

 

少し移動してましたけど。

見れましたよ~。

まだまだ幼魚で小さく模様が変わる前に観察しましょ~。

明日の予報は、晴れ、北北西風。

2019.12.18

本日は、晴れ、南南西の風。

 

新浜潜水。

 

新浜。

水温18度。透明度8m。

浅場ではうねり入ってました。

 

深度とると気にならなくなります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミノカサゴ幼魚。

その近くにはキリンミノカサゴ幼魚も。

キリンミノカサゴは3匹ほどゴロタに2匹、奥に1匹確認できてます。

 

甲殻類攻めです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カザリイソギンチャクエビ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イソギンチャクエビ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヨコシマエビ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イソギンチャクモエビ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒメサンゴガニ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ケブカカニダマシ。

 

他にもテッポウエビの一種やコシオリエビの一種なども見れてますよ~。

 

今日の写真は、ゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

 

明日の予報は、くもり、北東の風。

2019.12.15

本日は、くもり、北北西の風。

 

新浜、マグロ根潜水。

 

新浜。

水温17度。透明度12m。

うねり、流れとなく穏やかな海。

きれいな視界が続いております。

手前では、ニジギンポを確認。

その近くでは、キリンミノカサゴ幼魚。

モンツキハギ、ソラスズメダイなど。

 

移動すると大きなサイズのミヤコウミウシ。

棚では、イセエビ、サラサエビ、ヤイトサラサエビ、オシャレカクレエビなどの甲殻類が見れており。

サザナミヤッコ幼魚。ネンブツダイ群れなども確認。

根沿いでは、ムカデミノウミウシ、イソギンチャクエビなど。

コケギンポ類は多く見れてます。

 

 

 

マグロ根。

水温17.6度。透明度15m。

うねり、流れとなく穏やかな海。

中層や水面近くでは、イサキ、スズメダイ、タカベと群れが目立ちます。

水底よりではネンブツダイ群れが。

水底よりではヒラメが擬態している姿も。

棚では、ユウゼンまだまだ居ついております。

クエ、マダイ、イシガキフグ、ハリセンボンなども見れてますよ。

 

根沿いでは、チシオコケギンポ、コケギンポ、トウシマコケギンポが隠れていたり。スジタテガミカエルウオも個体数少な目ですが隠れている箇所も。

ウイゴンベはブイ下で目立ち。

サラサゴンべ、ミナミゴンベなどの幼魚ものも数が増えてます。

 

今日の写真は、

コケギンポ。

 

明日の予報は、晴れ、北風。