この風でも潜れちゃう。

本日は、くもり、南西風。

 

新浜潜水。

 

新浜。

18度。透明度15m。

うねり、流れなし。

新浜ポイントは強い風吹いても穏やかに潜れちゃいます。

久々の登場です。

カミソリウオ。

木の葉のような動きで本当擬態上手な個体です。

 

 

そんな中、昨日3本目にいたイワシの群れが今日は回遊魚に追っかけられてました。

ヒラマサ。

まさかこんな浅い深度で回遊魚が見れるなんてラッキーです。

 

先日見つけた沢山いる場所に行ってみました。

コペポーダ。

 

棚では、

ベンケイハゼ。

あまり光にも驚かないので見たい方いたら言ってくださいね。

 

ちょこんとまだまだ見れてます。

ヒメサンゴガニ属。

こちらは安定して見れてます。

 

岩場で隠れているのが。

トラウツボ。

 

ナミマツカサ。

 

ブイ下では、大型種出てくれました。

カスザメ。

大きな個体で砂に隠れているところを。

この季節浅場でも大きな個体が出るので砂地も探すと面白いですよ。

 

今日の写真、動画はゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

 

明日の予報は、晴れ、西北西風。

 

 

 

お知らせ

 

12月10日発売。

1月2月合併号マリンダイビングの雑誌

第21回マリンダイビング大賞2021年

中間発表に行川が掲載されました。

 

国内ダイビングエリア部門

国内ダイビングサービス部門

国内ダイビングガイド部門

 

日本全国エリアで3部門ランクイン。

 

ご投票してくれた皆様本当にありがとうございます。

月1度のWEB投票も12月と1月となりました。

これからも千葉・勝浦行川の海を広めていきたいと思います。

マリンダイビング大賞2021
WEB投票はコチラから

今後ともよろしくお願いします。

がっつし3本。

本日は、晴れ、北北西風。

 

マグロ根2本と新浜1本潜水。

 

マグロ根。

水温19度。透明度20m。

うねり、流れとなく穏やかな海。

本日は、ワイドで地形と大物狙いで行ってきました。

 

最初にいるか確認。

クマドリカエルアンコウ。

まだまだいてくれてます。2本目になると少し移動してる姿が。

 

ネンブツダイが群れ群れでみんなが写真撮っていると水底では大型種が。

クエ。

 

中層では、

ヒラマサ。

 

マダイ。

 

そんな中、棚で隠れていたウミガメも発見。

警戒心が強く泳いで去っていきましたけど。

チームみんな見れました。

 

他では、ムレハタタテダイがすごい数見れたり。

キンギョハナダイ、ソラスズメダイなどの群れも目立ちました。

 

 

新浜。

水温18.6度。透明度20m。

うねり、流れとなし。

水面では、すごい数のイワシが。

 

 

 

こちらで他の水中動画も載せているのでご登録お願いします。

Youtubeチャンネル

 

今日確認してきた個体は

マハタ幼魚。

 

ネッタイミノカサゴ。

 

ベンケイハゼ。

 

ハコフグ幼魚。

 

イソギンチャクエビ。

 

今日の写真、動画はゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

 

 

明日の予報は、くもり、南南西風。

 

 

お知らせ

 

12月10日発売。

1月2月合併号マリンダイビングの雑誌

第21回マリンダイビング大賞2021年

中間発表に行川が掲載されました。

 

国内ダイビングエリア部門

国内ダイビングサービス部門

国内ダイビングガイド部門

 

日本全国エリアで3部門ランクイン。

 

ご投票してくれた皆様本当にありがとうございます。

月1度のWEB投票も12月と1月となりました。

これからも千葉・勝浦行川の海を広めていきたいと思います。

マリンダイビング大賞2021
WEB投票はコチラから

今後ともよろしくお願いします。

アクションカム

本日は、晴れ、北北西風。

 

マグロ根、新浜潜水。

 

マグロ根。

水温18.6度。透明度20m。

流れ、うねりなし。

ここ最近流れもなくまったりなマグロ根が続いてます。

ネンブツダイ群れ。

 

ここずっと確認できてる個体を動画に。

クエ。

 

タテジマキンチャクダイ幼魚。

 

クマドリカエルアンコウ。

 

他ではアカハタ、マハタ、イタチウオ、オニカサゴ、カサゴ、サクラダイ、マツカサウオなど。

 

 

新浜。

水温17.8度。透明度20m。

うねり、流れとなし。

こちらもまったりですね。

本日の視界。

 

砂地では、

カスザメが。

 

イソギンチャク畑では、

ミツボシクロスズメダイ。

 

他では、クマノミ、アオヤガラ群れ、ソラスズメダイ群れ、スズメダイ群れ、メジナ群れなど。

 

ハオコゼ、コウイカ、ヒラメ、ヨウジウオなどの擬態物も見れてます。

 

今日の動画は、ゲストさんからいただきました。

アクションカムはコンパクトできれいに撮れちゃいますね。

いつもありがとうございます。

 

 

 

こちらで他の水中動画も載せているのでご登録お願いします。

Youtubeチャンネル

 

 

 

明日の予報は、晴れ、北北西風。

 

 

 

お知らせ

 

12月10日発売。

1月2月合併号マリンダイビングの雑誌

第21回マリンダイビング大賞2021年

中間発表に行川が掲載されました。

 

国内ダイビングエリア部門

国内ダイビングサービス部門

国内ダイビングガイド部門

 

日本全国エリアで3部門ランクイン。

 

ご投票してくれた皆様本当にありがとうございます。

月1度のWEB投票も12月と1月となりました。

これからも千葉・勝浦行川の海を広めていきたいと思います。

マリンダイビング大賞2021
WEB投票はコチラから

今後ともよろしくお願いします。

今日も3本潜水。

本日は、晴れ、北北西風。

 

マグロ根2本、新浜1本と3本潜水。

 

マグロ根。

水温18.6度。透明度20m。

流れ、うねりとなし。

透明度もぬけててコンディションも良いです。

大型種見れてますよー、

クエ。

 

中層では、

ヒラマサ。

 

どんどん増えて来てます。

ツツボヤの一種。

 

マクロでは

フジエラミノウミウシ。

 

イチモンジハゼ。

 

ノコギリハギ。

 

チシオコケギンポ。黄色。

 

赤色。

 

などなど見れてますよー。

 

 

新浜。

水温17.2度。透明度20m。

うねり、流れなし。こちらも抜けてます。

浅場のポイントでも群れ群れです。

メジナ大群。

サイズもあってすごい数の群れでした。

 

横顔狙ってもらいました!!

コケギンポ。

 

コケギンポ。

 

ハゼリクエストも。

イレズミハゼ。

 

ホシハゼ。

 

生え物系では、

イバラカンザシ。クリスマスツリーワームとも呼ばれてます。

 

ちょいちょい移動してる

ネッタイミノカサゴ。

 

棚では、

ハコフグ幼魚。

 

今年は、ミナミハコフグ、ハコフグなどの幼魚系が少なめなので。

また見つけてきます!!

 

今日の写真は、ゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

 

明日の予報は、晴れ、北北西風。

 

 

お知らせ

 

12月10日発売。

1月2月合併号マリンダイビングの雑誌

第21回マリンダイビング大賞2021年

中間発表に行川が掲載されました。

 

国内ダイビングエリア部門

国内ダイビングサービス部門

国内ダイビングガイド部門

 

日本全国エリアで3部門ランクイン。

 

ご投票してくれた皆様本当にありがとうございます。

月1度のWEB投票も12月と1月となりました。

これからも千葉・勝浦行川の海を広めていきたいと思います。

マリンダイビング大賞2021
WEB投票はコチラから

今後ともよろしくお願いします。

全ポイント潜水

本日は、晴れ、北風。

 

黒岩、マグロ根、新浜と3本潜水。

 

黒岩。

水温16.4度。透明度15m。

うねりやや。流れなし。

エントリーして早々にアオウミガメと遭遇。

他のチームも全員みれました。

 

そこから移動していくとネンブツダイ、メジナ、スズメダイ、ソラスズメダイ、イサキ、キンギョハナダイなどは群れ群れです。

 

中層ではヒラマサが大きいサイズを確認。

棚では小さなオトヒメエビや良いサイズのがみれたり。

スミゾメミノウミウシ、サクラミノウミウシなどは目立ちます。

アカハタ、メバル、カサゴ、クエなども。

水底よりでは、幼魚がみれてます。

カンムリベラ、アブラヤッコ、セダカスズメダイ、ミナミハコフグ、シコクスズメダイ、チャイロヤッコ、レンテンヤッコなどの幼魚が。

 

 

マグロ根。

水温15.2度。透明度20mオーバー。

うねり、流れなし。

大型種の登場です。

ヒラマサ。

良いサイズが近くをまわってくれました。

ほかではイサキ、スズメダイ、メジナ。タカベ、イワシなどが群れてます。

 

棚でなく中層を泳いでいるのが目立ちました。

イシガキフグ。

 

 

水底よりでは、

サキシマミノウミウシ。

 

 

スミゾメミノウミウシ。

 

ハダカハオコゼ。

 

クマドリカエルアンコウ。

 

などです。

 

 

新浜。

水温16.8度。透明度15~20m。

こちらも透明度はすごい抜けてます。

きれいな潮が落ち着いて入っています。

中層や水面近くではイワシが群れており終始すごい数が泳いでました。

 

海藻で擬態している生物も確認。

タツノオトシゴ。

 

ヨウジウオ。

 

棚では、

チャガラ。

段々と群れ始めてきました。

 

3本目に狙ってきました。

イレズミハゼ。

距離近づきすぎると穴に隠れてしまうので写真とるときは気を付けて下さいね。

他の場所では、

ベンケイハゼ。

穴から出てくれてこちらの方が慣れてるかな。

 

擬態上手な。

キリンミノカサゴ。

 

ベニカエルアンコウ。

 

ウミウシはこれからの季節ですかね。

ジボガウミウシ。

どんどん種類が増えてほしいです。

 

 

今日の写真は、ゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

 

明日の予報は、晴れ、北北西風。

 

 

 

 

お知らせ

 

12月10日発売。

1月2月合併号マリンダイビングの雑誌

第21回マリンダイビング大賞2021年

中間発表に行川が掲載されました。

 

国内ダイビングエリア部門

国内ダイビングサービス部門

国内ダイビングガイド部門

 

日本全国エリアで3部門ランクイン。

 

ご投票してくれた皆様本当にありがとうございます。

月1度のWEB投票も12月と1月となりました。

これからも千葉・勝浦行川の海を広めていきたいと思います。

マリンダイビング大賞2021
WEB投票はコチラから

今後ともよろしくお願いします。

マクロダイブ

本日は、晴れ、北東風。

 

黒岩、マグロ根潜水。

 

黒岩。

水温17度。透明度12~15m。

うねりなく穏やかな黒岩。

エントリーしてみるとまだまだ透明度いいですよ!!

 

先日から見つかってるベラ幼魚が見れてます。

カンムリベラ幼魚。

 

 

セダカスズメダイ幼魚。

 

ベンケイハゼ。

 

ウツボに乗っかってる。

クリアクリーナーシュリンプ。

 

アブラヤッコ幼魚。

 

など見れており。

 

ネンブツダイ、イサキ、タカベ、スズメダイ、メジナ、ニザダイなどの群れは沢山見れてますよ。

 

ネコザメなどは棚に隠れている姿が見れました。

 

 

マグロ根。

水温17度。透明度12~15m。

うねり、流れとなく穏やかなマグロ根。

透明度も群れも豊富です。

イサキの群れ撮ってみました。

 

棚では、まだまだ安定してみれてます。

タテジマキンチャクダイ幼魚。

 

今日は、あまり紹介されてないハナダイを。

ハナダイ系の種類も見れてて。

気にしてみると色がすっごくきれいでハナダイも観察していくと面白いですよ。

カシワハナダイ。

 

定番の

キンギョハナダイ。

定番でも単色のオレンジ色がいいですよね。

 

こちらは深場で会えるハナダイ。

ですが幼魚のときは浅くで見れることもあります。

スジハナダイ。

ハナダイは、本当きれいな色してますよね。

距離とらないと穴に引っ込んだりもするので距離感大事です。

 

こちらも目立ってきてます。

キツネベラ幼魚。

ハナダイよりも警戒心が強いです。

 

今日は、ミチヨミノウミウシでなく

ルージュミノウミウシ。

これからベースの紫色が強く入ってきます。

 

明日の予報は、晴れ、北西風。

 

 

 

お知らせ

 

12月10日発売。

1月2月合併号マリンダイビングの雑誌

第21回マリンダイビング大賞2021年

中間発表に行川が掲載されました。

 

国内ダイビングエリア部門

国内ダイビングサービス部門

国内ダイビングガイド部門

 

日本全国エリアで3部門ランクイン。

 

ご投票してくれた皆様本当にありがとうございます。

月1度のWEB投票も12月と1月となりました。

これからも千葉・勝浦行川の海を広めていきたいと思います。

マリンダイビング大賞2021
WEB投票はコチラから

今後ともよろしくお願いします。

ライダー登場。

本日は、晴れ、北西風。

 

穏やかな海が続いております。

 

今日は、作業もいれてのマグロ根潜水。

 

マグロ根。

水温17.2度。透明度15~20m。

うねり、流れとないマグロ根。

2本とも穏やかなマグロ根でした。

エントリーしてみると根のトップや水底が見えるほどきれいな潮が入ってます。

クマドリカエルアンコウ、ハダカハオコゼ、ハタタテハゼ幼魚は、まだまだ定位置で確認できてます。

 

他の生物たちも確認しにいったり。

新しいコースの開拓しにいってきました。

棚では、

クリアクリーナーシュリンプ。

透明感があるエビ。見たい方は、リクエストくださいね。

その名の通りクリーナーしてくれます。

近くでは、ハリセンボンの体にクリアクリーナーシュリンプが。

2本目も同じくハリセンボンに乗っかってたので次回もまた確認してきます。

 

 

こちらで他の水中動画も載せているのでご登録お願いします。

Youtubeチャンネル

 

 

この時期比較的見れる個体も。

ネコザメ。

今日は、棚や根のトップで確認。

 

大型種では、相変わらずの迫力。

クエ。

今日もホンソメワケベラにクリーナーしてもらってました。

 

砂地では、こちらもすごい大きなサイズです。

ホシエイ。

今日は砂地で餌探ししてたのかな。

他にも中層から泳いでいても透明度がきれいなので水底で休んでいる個体も見れてます。

 

 

 

大型種以外では、群れをみていると違う個体が入っていたり。

クロユリハゼ。

 

今日もいてくれました。

クダゴンベ。

まだ3個体確認できてます。

 

こちらは、少し数が減ってきたけど

ミチヨミノウミウシ。

 

他にもサイズが小さかったのでルージュミノかなと思っていたら。

カメラでみたらこちらもミチヨミノウミウシでした。

こちらは旬なウミウシなのでいなくなる前に撮影したい方は撮りに来てくださいね。

 

 

 

明日の予報は、晴れ、北西風。

 

 

お知らせ

 

12月10日発売。

1月2月合併号マリンダイビングの雑誌

第21回マリンダイビング大賞2021年

中間発表に行川が掲載されました。

 

国内ダイビングエリア部門

国内ダイビングサービス部門

国内ダイビングガイド部門

 

日本全国エリアで3部門ランクイン。

 

ご投票してくれた皆様本当にありがとうございます。

月1度のWEB投票も12月と1月となりました。

これからも千葉・勝浦行川の海を広めていきたいと思います。

マリンダイビング大賞2021
WEB投票はコチラから

今後ともよろしくお願いします。

快晴です!!

本日は、晴れ、西北西風。

 

マグロ根、新浜潜水。

 

マグロ根。

水温17.8度。透明度15~20m。

うねり、流れとなく穏やかな海。

エントリーしてすぐにきれいな潮が入ってます。

 

視界がいいので遠くまで見渡せます。

そしたら大きなサイズの泳いでいる姿が。

ネコザメ。

 

 

 

 

 

大きなサイズで見れてます。

 

 

 

 

こちらで他の水中動画も載せているのでご登録お願いします。

Youtubeチャンネル

 

 

 

 

 

その近くでは、

ネンブツダイ群れ。

 

根のトップでは、

ホシエイ。

大きなサイズが泳いでて魔法の絨毯みたいでしたよ!!

 

大型種と言えば。

クエ。

ホンソメワケベラにクリーニングされてました。

 

水底よりでは、

トラフケボリ。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハダカハオコゼ。

 

クマドリカエルアンコウ。

 

最後の安全停止もきれいな潮が入ってます。

 

 

新浜。

水温17.2度。透明度8m。

うねりなし。

砂地では、

タツノオトシゴ。

 

ベニカエルアンコウ。

 

ベニカエルアンコウ。

 

まだまだ沢山ここの箇所だけ群れ群れです。

コペポーダ。

 

擬態上手な個体が色彩変化すると目立ちますよー。

コウイカ。

 

トゲチョウチョウウオ。

 

ハオコゼ。

 

岩陰では、

ウツボ。

怖いイメージになっているウツボ。

本当はそんなことないんですよ。

カメラも構えるとカメラ目線になってくれたり。

被写体のカメラ練習にもなってくれます。

 

 

 

こちらで他の水中動画も載せているのでご登録お願いします。

Youtubeチャンネル

 

 

 

今日の写真と動画は、ゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

 

明日の予報は、晴れ、西北西風。

 

 

お知らせ

 

12月10日発売。

1月2月合併号マリンダイビングの雑誌

第21回マリンダイビング大賞2021年

中間発表に行川が掲載されました。

 

国内ダイビングエリア部門

国内ダイビングサービス部門

国内ダイビングガイド部門

 

日本全国エリアで3部門ランクイン。

 

ご投票してくれた皆様本当にありがとうございます。

月1度のWEB投票も12月と1月となりました。

これからも千葉・勝浦行川の海を広めていきたいと思います。

マリンダイビング大賞2021
WEB投票はコチラから

今後ともよろしくお願いします。

2本目は、幼魚狙い

本日は、晴れ、北風。

 

マグロ根、黒岩潜水。

 

マグロ根。

水温18.6度。透明度15~20m。

うねり、流れとなく穏やかなマグロ根。

水色は安定してきれいな潮。

群れ数入ってます。

 

今日もいてくれてます。

クマドリカエルアンコウ。

 

どんどん増えてきてて今日も皆さん撮ってました。

ツツボヤの一種。

 

警戒されないようにじりじりと観察。

ハタタテハゼ。

 

棚では、数が少なくなってきてるけど。

いてくれました。

タテジマキンチャクダイ幼魚。

 

他では、小笠原で観察できる

ユウゼン。

 

ちょうどよいところで着底してました。

オキゴンべ。

 

 

黒岩。

水温19度。透明度15~20m。

うねりあり。流れはなし。

 

クエがいるのかなーっと思いライトを照らすと違う個体です!!

今年も見れてます。

スジアラ。

見たい方はいなくなる前にお早めに。

 

他の水中動画も載せているのでご登録お願いします。

こちらです。

Youtubeチャンネル

 

 

 

中層や水面近くでは、

イサキ、ネンブツダイ、メジナ、ニザダイ、スズメダイ、タカベといろいろと入ってます。

その近くではヒラマサが回遊してる姿も。

 

魚以外も透明度もいいので地形も楽しめますよ。

オーバーハング沿いと行川ダイバーさんと一緒に。

 

今日は幼魚攻めで紹介してきました。

レンテンヤッコ。

 

アブラヤッコ。

 

カンムリベラ。

 

タテジマキンチャクダイ。

 

 

ミナミハコフグ。

 

他では、セダカスズメダイ、ナガサキスズメダイ、シコクスズメダイ、コガネスズメダイ、ブチススキベラ、スミツキベラなど。他にも幼魚シリーズいるので狙ってみたい方いたらリクエストくださいね。

 

エントリー、エキジットでは、

大きなヒラメとも遭遇しました。

 

今日の写真は、ゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

 

明日の予報は、晴れ、西風。

 

 

 

 

 

お知らせ

 

12月10日発売。

1月2月合併号マリンダイビングの雑誌

第21回マリンダイビング大賞2021年中間発表に

 

行川が掲載されました。

国内ダイビングエリア部門

国内ダイビングサービス部門

国内ダイビングガイド部門

 

日本全国エリアで3部門ランクイン。

 

ご投票してくれた皆様本当にありがとうございます。

月1度のWEB投票も12月と1月となりました。

これからも千葉・勝浦行川の海を広めていきたいと思います。

マリンダイビング大賞2021
WEB投票はコチラから

今後ともよろしくお願いします。

今日も元気よく3本。

本日は、雨、無風。

 

 

新浜、黒岩、マグロ根と3本潜水。

 

新浜。

水温19度。透明度12m

うねり、流れなし。

透明度は抜けてます。

エントリーする前から水底が見えるほど。

この時期ならではの透明度が抜けていて沖はもっときれいな潮が。

エントリーしてすぐでは、エソが良いサイズのが見れており。

その近くでは、スズメダイ、オハグロベラ、ニシキベラ、キュウセンなどと目立ち。

移動して奥にいくとカミソリウオはまだまだ定位置で見れ。

ベニカエルアンコウ大小と確認。

 

ミツボシクロスズメダイ幼魚は相変わらずの群れで見れており。

その近くでは、クマノミ成魚が泳いでいる姿も。

棚では、ゴンズイ、ホウセキキントキ成魚、サラサエビなど。

 

砂地では、マハタ幼魚やキヌバリの婚姻色が目立ちました。

 

 

黒岩。

水温19.8度。透明度15m。

うねりあり。流れなし。

水底いくと浅場やオーバーハングぞいではうねりが入り揺れてます。

透明度は抜けており。

水底から水面を見上げると根のトップでは、

魚影が濃く入ってます。

水底よりでは、ネンブツダイが沢山群れ群れ。

 

水底よりでは、ミノウミウシが卵を産んでる姿も。

スミゾメミノウミウシ。(黒色)

今が旬です。サクラミノウミウシ(白色)と一緒に沢山見れてます。

黒色、白色とペアでいる場合もあるので真逆な色がまたマッチしますよ。

 

 

棚では、

こちらを見つめてる。。。

ネコザメ。

この時期になると比較的高確率でみれるようになるので良い被写体です。

 

もう少し時期が過ぎるとこちらの個体が群れ数増えてきます。

ニザダイ。

良いサイズのが群れて数が多くなると圧巻です。

 

根沿いでは、

トウシマコケギンポ天国。

探せばどんどん見つかります。

黒、赤の色が目立ちますね。

 

棚では、

アカハタ。

 

イタチウオ。

 

そして、久々の登場です。

カンムリベラの幼魚。

一眼で撮影したい個体。。。

時期ならではの個体なのでいる間にまた観察してきます。

 

今が旬の小さいサイズ見れてます。

ヒメゴンべ。

 

 

マグロ根。

水温18度。透明度15~20m。

流れなし。うねりやや。

ロープがたるむほど流れはなし。

エントリーして真っ青な潮。

棚では、立派な

クエ。

大型種で圧巻ですね!!

 

そんな中まだまだ安定してみれてます。

クマドリカエルアンコウ。

 

群れ群れです。

ネンブツダイ。

すごい数のネンブツダイで全部うつりきらないほど囲まれます。

 

こちらも安定してみれてます。

ハダカハオコゼ

 

水底よりでは、

サキシマミノウミウシ。

 

他にもミノウミウシは多くみれてますよー。

 

今日の写真は、ゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

 

明日の予報は、晴れ、北風。

 

お知らせ

 

12月10日発売。

1月2月合併号マリンダイビングの雑誌

第21回マリンダイビング大賞2021年中間発表に

 

行川が掲載されました。

国内ダイビングエリア部門

国内ダイビングサービス部門

国内ダイビングガイド部門

 

日本全国エリアで3部門ランクイン。

 

ご投票してくれた皆様本当にありがとうございます。

月1度のWEB投票も12月と1月となりました。

これからも千葉・勝浦行川の海を広めていきたいと思います。

マリンダイビング大賞2021
WEB投票はコチラから

今後ともよろしくお願いします。