2019.09.29

本日は、くもり、西北西の風。

 

マグロね潜水。

 

マグロ根。

水温20~25度。透明度10m。

2本目になると流れがやや入ってきました。

潮は、逆潮。

 

魚影が濃いです。

イサキが一番目立ち数が半端ないです。

イサキ。

 

イサキ以外でも。

タカベ。

 

中層では、

マダイ。

 

棚では、

ドチザメ。昨日よりか少なくなってましたがまだまだ見れてます。

 

水底よりでは、

ヒラタエイ。

 

そして、小笠原や八丈島で見れる生物がまた個体数増えました。

ユウゼン。

 

今日の写真は、ゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

 

明日の予報は、晴れ、北北東の風。

2019.09.28

本日は、晴れ、南南西の風。

 

マグロ根潜水。

 

マグロ根。

水温23~25度。透明度8~10m。

2本目になると流れが入ってきました。

1本目よりも視界がひらけてきました。

潮あたりでは、イサキ、スズメダイ、タカベが群れてます。

魚影は2本目になると1本目よりも群れ数が増えてきました。

根のトップでは、トビエイが泳いでいる姿を確認。

その周辺では、マダイが単体ではなく群れていたり。

イラ、ブダイ、アオブダイ、ヒラメなどと大きなサイズが見れて。

棚では、ドチザメが群れて休んでいる箇所もありました。。

今日の写真は、

ドチザメ。

ユウゼン。

 

ゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

明日も潜ってきます。

 

明日の予報は、雨、南南西の風。

2019.09.27

本日は、晴れ、東の風。

 

新浜、黒岩潜水。

 

新浜。

水温25度。透明度8m。

うねり、流れとなく穏やかな海。

エントリーしてすぐにアオヤガラ、ベラ系が群れているのが目立ちます。

その近くでは、シマアジも泳いでいる姿も。

 

奥に行くとカンパチとイサキがペアで泳いでいる姿が見られ。

水底よりでは、ベニカエルアンコウ、ハタタテダイ、ナガサキニシキニナの卵、ハオコゼ、ミスガイ、ニシキウミウシなどなど。

イレズミハゼやハコフグの幼魚などは棚で隠れているのを確認。

 

新たな個体でミノカサゴの幼魚も確認できました。

その近くでは、若魚のミノカサゴも。

 

ニジギンポ団地では、ニジギンポが多く見れてますよ~。

 

 

黒岩。

水温25度。透明度8m。

水面流れあり。

マグロ根は流れがあったのでポイント変更です。

潮あたりの場所では、イサキ、スズメダイ、タカベと群れが多く見れてます。

棚では、タテジマキンチャクダイ幼魚が隠れていたり。

ベンテンハゼ、アカハタ、ソラスズメダイなどなど。

ウイゴンベは数がどんどん増えてきており。

キンギョハナダイ、シコクスズメダイ、モンツキハギ、インドヒメジなどなど。

 

今日の写真は、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ムカデミノウミウシ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソラスズメダイ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミツボシクロスズメダイ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミノカサゴ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タテジマキンチャクダイ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シコクスズメダイ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トウシマコケギンポ。

 

ゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

 

明日の予報は、晴れ、東の風。

2019.09.25

本日は、晴れ、北東の風。

 

黒岩潜水。

 

黒岩。

水温24.4度。透明度3m。

マグロ根は、流れがあってポイント変更です。

オーバーハングを超えるとイサキ、タカベ群れが泳いでいるのを確認。

根のトップから水底に降り注ぐように泳いできました。

 

棚では、クリアクリーナーシュリンプがウツボをクリーニングしている姿がみれました。

ウイゴンベ幼魚は、結構数が増えております。

他にも幼魚シリーズでは、タテジマキンチャクダイ幼魚、アマミスズメダイ幼魚、アブラヤッコ幼魚などなど。

この時期ならではの幼魚ものが増えてきてます。

 

他では、ハリセンボン、ハコフグ、シマウミスズメダイ、アカハタ、クロアナゴ、サラサエビ、イタチウオなどなど。

 

明日の予報は、晴れ、北東の風。

2019.09.24

本日は、くもり、南南西の風。

新浜のみの潜水。

新浜。

水温25度。透明度8~10m。

水面パシャついてました。

ブイ下では、アオヤガラが群れているのがみれており。

モンツキハギ、ホンベラ、カゴカキダイなどが固まっている姿が見れており。

その奥に行くとゴロタでは、ニジギンポが沢山見れております。その近くでは、コケギンポ、ミノカサゴなども見れてます。

手前では、スズメダイ、ニザダイ、メジナなどが群れてます。

イソギンチャク畑では、ミツボシクロスズメダイが群れてますよ~。

 

明日の予報は、晴れ、北北東の風。

2019.09.23

本日は、晴れ、南南西の風。

新浜のみの潜水となりました。

新浜。
水温24~26度。透明度5m。
時間の経過とともにうねりが入ってきました。
2本目になると深度とってもうねります。

幼魚シリーズは増えて来てます。
トゲチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、シラコダイ、ハタタテダイ、シコクスズメダイ、ツノダシ、
ミノカサゴ、ネッタイミノカサゴ、モンツキハギなどなど。

ミツボシクロスズメダイ群れは数も増えてきて固まってきました。

奥にいくとベニカエルアンコウ2匹。
その近くでは、ウミウシ類見かけてます。
ジボガウミウシ、ムカデミノウミウシが目立ちます。

今日の写真は、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベニカエルアンコウ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イソギンチャクエビ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウツボ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コロダイ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トラウツボ。

ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。

明日の予報は、くもり、南西の風。

2019.09.22

本日は、晴れ、北北東の風。

マグロ根潜水。

マグロ根。
水温25度。透明度5~8m。
潮は、逆潮。昨日と比べ流れは弱まりました。
2本目になると逆潮から真潮に段々と切り替わってきました。

潮あたりでは、イサキ、タカベ、スズメダイ、メジナ、ニザダイ、マアジはたくさん群れております。中層よりで多く見れてますね。
その中には、大きなマダイが隠れていたり。

今日もトビエイを確認できました。
その近くでは、ヒラマサも回遊している姿も見れ。
棚では、ドチザメが休んでいる姿も確認。
大きなクエも確認できてましたよ~。


マダイ。


キンギョハナダイ。


シラコダイ。


イサキ。


クエ。

今日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございました。

明日の予報は、晴れ、南南西の風。

2019.09.21

本日は、くもり、北北東の風。

マグロ根潜水。

マグロ根。
水温24~26度。透明度8m
流れあり。
エントリーしてすぐに潮あたりでは。

イサキ、スズメダイ、タカベと群れ群れです。
潮あたりでは群れが目立ちますね。
流れ入ってるけど深度とって深場に行くととどんどん弱まってきます。
場所によりマアジの群れもみれて囲まれました!!

イナダ群れ、トビエイ群れ、クエ、マダイと大型種も見れております。
棚では、アカハタ、マハタ、キンチャクダイ、マツカサウオ、イタチウオなどなど。

最後は、流れにのってプチドリフトでブイに戻ってきました。
ブイ下では、ツマグロハタンポが群れ群れです。


今日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。

明日の予報は、くもり、北北東の風。

2019.09.20

本日は、晴れ、北北東の風。

マグロ根潜水。

マグロ根。
水温24~26度。透明度5~8m。
少しずつ回復してきました。
なので、マクロでなくワイド狙いで泳いで行ってきましたよ~。

2本目になると流れが入ってきました。
潮あたりでは、イサキ、タカベ、スズメダイと数が多く入っております。
根のトップで根待ちしていて魚がたまってるのがわかります。

その他にもトビエイが泳いでいる姿を確認。
その奥ではヒラマサも回遊している姿も。

水底では大きなヒラメも見れてますよ~。

マクロでは、ヒロウミウシ、サガミミノウミウシなどが目立ちました。

今日の写真は、ゲストさんからいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サガミミノウミウシ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トラフケボリガイ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒロウミウシ。


イサキ


トビエイ

いつもありがとうございます。

明日の予報は、雨、北北東の風。

2019.09.19

本日は、晴れ、北風。

マグロ根、新浜潜水。

マグロ根。
水温25度。透明度3M。
うねり入ってました。
潮あたりでは、イサキ、スズメダイ、タカベと群れが多く入っております。

濁りぎみなので今日もマクロです。

根沿いでは、チシオコケギンポ、ウミウシ類が見れております。
ニシキウミウシの幼体が多く見れて目立ちますね。
ヒロウミウシやサキシマミノウミウシも数が見れており。
カメラの被写体として大、小のサイズでの練習ができます。
水底よりでは、ツノガニが擬態している姿も。
その近くではウミウシ類が見れてます。

大型種で棚ではクエが見れて。
中層ではマダイです。

新浜。
水温25度。透明度3M。
浅場はうねり入ってます。深度とると落ち着いてきます。
ブイ下では、アオヤガラが群れているのを確認。
奥に行くとベニカエルアンコウ確認。
棚ではチョウチョウウオ類、シラコダイなどの幼魚ものは隠れています。
トウシマコケギンポ、コケギンポ、ナガサキニシキニナの卵。

ウミウシ類では、ムカデミノウミウシ幼体が沢山見れてます。
他では、サラサ、ジボガなどの普通種を確認。

コウイカなどは良いサイズ見れてますよ~。
幼魚ものでは、キヘリモンガラ幼魚、ハタタテダイ幼魚、ヒレナガハギ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚
幼魚シリーズ増えてます。


サキシマミノウミウシ。


ニシキウミウシ。


ツノガニ。


チシオコケギンポ。


ナガサキニシキニナの卵。


ジボガウミウシ。


ニジギンポ。


ミノカサゴ幼魚。


ヒロウミウシ。


ベニカエルアンコウ


イレズミハゼ。


キヘリモンガラ幼魚。


トラウツボ。

今日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。

明日の予報は、晴れ、北東の風。